温暖な堺市は太陽光発電に最適です

昨年、堺市にメガソーラーの太陽光発電設備が作られたとの報道がありました。
施設には、7万枚以上の太陽光パネルがびっしりと並び、理論上は1万キロワットの電力を太陽光から産み出す事ができる太陽光発電設備だそうです。
太陽光発電は、原子力発電や火力発電と異なり、発電の為に廃棄物やCO2を発生させる事がありません。
次世代に美しい環境を残す為にも、この様な新しい試みは、どんどんと行ってもらいたいと思います。
ところで、何故、この太陽光発電施設は堺市に作られたのでしょうか。
その秘密は、堺市の気候にあります。
太陽光発電は、環境に優しい、静音性に優れる等、様々なメリットがありますが、たった一つだけ、ウィークポイントがあります。
それは、「太陽光が無いと発電をする事ができない」と言う事です。
当たり前すぎる事を言うなと、叱られそうですが、これが意外に重要なのです。
例えば地方や季節によっては、曇天で、昼でも薄暗い地方があります。
または、冬場などは恒常的に積雪がある地方もそうです。
この様な地方では発電方法として、太陽光発電は決してベストな選択ではありません。
ところが堺市は異なるのです。
瀬戸内式気候に属し、一年を通じて温暖です。
降雨や積雪も全国平均よりも少なく、年間で1000ミリから1500ミリ程度です。
風害も少なく、太陽光パネルが風にあおられて、被害を受ける心配も少なくなります。
この様な実績を評価して、メガソーラーの太陽光発電設備も堺市に作られたのではないでしょうか。
堺市で太陽光発電を検討している方は、堺市にお住まいのメリットを、もう一度検討されると良いのではないでしょうか。