これからの助成に期待

現在のところ、太陽光発電システムの導入に対する助成は、全国でばらつきがあり一様ではありません。
このばらつきこそが、太陽光発電導入の助成に関して、わかりづらいという印象を与える要因となっていると思います。
というのも、自然エネルギーの利用をもっと強力に推し進めていく気があるのなら、国はもちろん、各都道府県、そして市区町村レベルに至るまで、もっと統一した助成制度を作るべきだと思うからです。
あるところでは国、都道府県、市区町村の3か所から助成されるかと思えば、あるところでは国からしかもらえないというところもあります。
こうなると多くの助成が受けられるところは太陽光発電システムの導入は進むけれども、そうでないところは全く進まないということになります。
太陽光発電に向いているところと向いていないところはあるとは思いますが、せめて助成制度はすべて共通した内容で受けられるようにしたら、太陽光発電に対する意識も変ってくるのではないでしょうか。