豊中市での太陽光発電

豊中市では住宅用の再生可能エネルギーシステム設置に対して補助金交付制度を設けています。
近年、世界中で地球温暖化が問題となっており、その原因は温室効果ガスを排出することにあります。
そこで、日本国内の各自治体では、個人レベルでの温室効果ガス削減と、住宅の省エネルギー化を進めるために、環境に配慮した街づくりを推進しています。
再生可能エネルギーシステムと言えば、太陽光の熱エネルギーを利用した太陽光発電システムなどがあげられます。
太陽光発電は、発電をするために石油や石炭などの天然資源を用いず、また発電時に二酸化炭素などの温室効果ガスを排出しません。
そこで、地球温暖化防止に役立ちます。
また、原子力発電所の稼働停止などで、節電が要求されているところ、住民自ら発電システムを導入することは節電にも寄与します。
ただ、太陽光発電システムの導入には、とても費用がかかります。
そこで、豊中市が住人の太陽光発電システムの導入に対して補助金を出すことで、システム設置をする人を増やし、温室効果ガスのさらなる削減を目指しています。