水とみどりの生活文化都市

大阪府高槻市は京都市と大阪市のちょうど中央に位置しています。
その高槻市のキャッチフレーズの一つには、「水とみどりの生活文化都市」となっています。
それだけ高槻市には自然豊かな土地柄でもあるのです。
そんな豊かな自然である水と緑を守るためには、高槻市政を全体を挙げて取り組んでいく必要があるばずです。
その一環に太陽光発電の推進も欠かせないと思います。
二酸化炭素を排出することのない太陽光発電システムは今最もクリーンな発電方法として注目を浴びているのです。
二酸化炭素濃度が高くなると地球温暖化になってしまい、高槻市の豊かな緑も大きく失われてしまう可能性もあります。
そして、その緑がなくなると自然の自浄作用が失われてしまい綺麗な水もなくなってしまいます。
だからこそ、地球温暖化を防ぐためにも太陽光発電システムを高槻市全体で盛り上げていくべきだと思います。
そうすることで高槻市の豊かな自然を守ることができるでしょう。