大阪のベッドタウンでの導入

大阪で太陽光発電所といえば・・・

数年前までは、大きな動きではなかった太陽光発電が、今空前のブ-ムにすら成りつつあります。
東日本大震災以降、放射能の恐ろしさ、それも瞬間的なパニック状態が来るのではなく、長い期間、其れも広大な地域を不毛の地に変えてしまうということが、日本中に知れ渡ってしまいました。
当然のように、脱原子力発電、ノ-モア原子力発電所というのが、完全に国民の総意になってしまい、火力発電、水力発電、そして太陽光発電が、改めて見直しされるようになってきたのですね。
戸建ての住宅の屋根の上には、ソ-ラ-パネルが どんどん増えていっています。
特に都心部ではそうでもないですが、地方部にいくと敷地が広いこともあり、大きな屋根の上に、新しいモデルのソ-ラ-パネルが目立つようになりました。
各地で競うように、メガソ-ラ-が設置されて、地区の住宅のへの供給をある程度まかなうようになってきています。
大阪のメガソ-ラ-というと、大阪堺臨港地区におおきなメガソ-ラ-が設置されています。
2011年9月7日、堺市と関西電力が共同で建設した「堺太陽光発電所」がそれです。
日本最大級の発電量を誇り、1万キロワット、約7万4,000枚のソーラーパネルにより、通年で約3,000軒の一般家庭の必要な電力を作り出しています。
東京電力がそうであったように、関西電力も原子力発電に頼る部分が多かったので、今後も臨海地区の工場跡地などの有休スペ-スにメガソ-ラ-がたてられることが計画されています。
メガソ-ラ-で、まかなえる一般家庭の家が増えれば増えるほど、原子力発電所への依存度が下がります。
今後のメガソ-ラ-の新規計画に期待したものです。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>