太陽光発電の基本、しくみを考える

クリーンエネルギーに注目が集まっています。
再生可能エネルギーと言われているエネルギーはいくつかありますが、中でも私たちにとって身近なエネルギーといえば、太陽光発電ではないでしょうか。
なぜ、太陽光発電が一番身近なのかというと、自分の家の屋根で発電することができるからでしょう。
すでに、自宅で太陽光発電を行っているという人もたくさんいます。
でも、なぜ、太陽光発電は自宅の屋根でも発電できるんだろうって思いませんか。
太陽光発電の発電所がないわけではなく、メガソーラーというものもあるのですが、住宅の屋根でも発電しています。
これは、ほかの発電方法とは大きく違っていることが関係しているんです。
通常の発電では、タービンという発電機を回して発電しています。
タービンを回すときに、蒸気を使ったり、風力を使ったりしており、危険を伴うこともあれば、音がうるさいということがあるんです。
しかし、太陽光発電ではタービンを使うわけではなく、半導体を使って発電しています。
2種類の半導体を使うんです。
半導体に太陽光が当たると、+と-の電子が生じます。
それぞれの電子が2種類の半導体に別々に集まって電位差が生じて、発電できるというわけです。
この方法ならば、音も静かですし、二酸化炭素を出すこともなく、危険を伴うこともありません。
だから、自宅の屋根でも安心して発電することができるというわけです。
静かな上に、クリーンなエネルギーなので、とても注目されています。
だったら、どんどん太陽光で発電すればいいじゃないかって思われるかもしれませんが、まだまだ、コストが高いということもあって、導入が伸び悩んでいるようです。
効率よく、たくさん発電できるように、日々、研究・開発されています。
太陽光発電システムを導入するときのコスト自体も、年々下がってきていますし、これから普及が進んでいくことでしょう。
メーカー同士の競争が激化していることもコスト減の要因となっています。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>